綺麗に保管する | 様々な種類がある額を利用して記念品として残す

様々な種類がある額を利用して記念品として残す

イメージ

綺麗に保管する

特別な額縁

基本的に額縁とは、写真や絵画、賞状などを綺麗に保管するための商品なのですが、叙勲額は他の額縁とは異なったある工夫がされています。
一般的な額縁には付属することが無い、勲章を入れるケースを保管するためのスペースが叙勲額にはありますので、賞状と勲章を同時に保管することができます。
叙勲の際にもらった賞状や、賞状を入れるためのケースには特別な言葉やデザインが印刷されていることが多く、叙勲額に入れることによって、いつまでも文字や模様をはっきりと見ることができるようになります。
また、業者によってはサイズが合わない場合特注で叙勲額を制作してくれます。他の額縁にはない機能がある叙勲額は、受賞者が持つことを許される特別な額縁として注目されています。

便利な収納

叙勲額には、賞状を飾るスペースだけではなく、同時に賞状ケースを飾るためのスペースがあるので賞状とケースを一緒に飾ることができます。
基本的に賞状を貰う時は、賞状を入れるケースを一緒に貰うのが一般的です。しかし、賞状は基本的に額縁の中に入れて飾ることが多いので、ケースを紛失してしまう人が多く、無くしてしまったという人も多いです。
叙勲額には、賞状を入れるケースを保管するためのスペースが作られており、ケースを収めることができるので紛失する心配がありません。
無くす心配が無く、大切に保管することができる叙勲額はメリットの大きい人気の商品です。ケースも大切に保管したいと考えている人は叙勲額を購入しましょう。