大切に取り扱う | 様々な種類がある額を利用して記念品として残す

様々な種類がある額を利用して記念品として残す

イメージ

大切に取り扱う

大切に扱おう

額縁の中でも、特に取り扱いに気をつけなければいけないのが、叙勲額です。叙勲額は素材にこだわった商品が多く高額なものが多いので、通常の額縁とは異なり購入する前に予算を考えなければなりません。
そのため、叙勲額を取り扱う時は、丁寧に破損に注意しながら取り扱わなければいけません。
叙勲額を飾る時は万が一の時に備えて、人がぶつかる危険性が多い場所を避けて飾らなければいけません。
大切に保管できる場所はどこなのか、家の中で最適な場所を探しましょう。
中に入れる賞状は、日光や湿気にとても弱いので、保管する場所を選ぶ時は湿気や日光から守ることができる場所を選んで設置しましょう。

中身の重要性

叙勲額を飾る人の多くは、国から叙勲を受けた人が多いのですが、叙勲の際にもらった賞状や勲章、勲章を入れるためのケースは特に注意して保管しなければいけません。
賞状やケースを入れるための叙勲額は、通販などで買い直しをすることが出来るのですが、保管をしなければいけない賞状や賞状ケースは、一度破損や紛失をしてしまいますと、二度と入手することができません。
叙勲は、特別な人材にのみ与えられる特別な賞のため、賞状や勲章、ケースの発行は、一度きりです。どんな理由があろうと二度と取り戻すことができませんので、大切に叙勲額の中に入れて保管しましょう。
叙勲でもらった賞状の大切さをしっかりと把握しながら、雑に扱わないように気をつけることが必要不可欠です。